読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サエキアキラの歌の宿

THE幸運児、サエキアキラのブログ

1人でスタジオに入ったら背中に視線感じる

 

毎度毎度、タイトルを「僕の○○○」にしてブログを更新していると、何か書きたいなって思った時にうまく「僕の○○○」に収まるテーマじゃなければ書くのをやめてしまうという悪しきシガラミが生まれたので止めることにしよう。
なぜ、「僕の○○○」というテーマで書いていたかというと、僕のやっているTHE幸運児というバンドのプッシュソング、「僕のナンバー」をもじっていたからである。


「僕のナンバー」という曲は、何を隠そう、電話番号を歌詞にしている。だから僕たちのCDを買えば、歌詞カードには僕の電話番号が記載されているし、ライブに来て直接聞いても僕の電話番号を知ることができる。音楽的には、他の曲と比べても、真っ直ぐ過ぎるほど簡単なサウンドで、ストレートなパンクロックナンバーだ。分かりやすくて馬鹿っぽいから僕にとっては思い入れもあるお気に入りソング。


この曲は、昔やってたバンドが解散した時に、1人でスタジオに入ってモノの15分ほどで作っちゃったほど衝動的な作り方をしたもので、「ああ、友達が欲しいんだ なんか出来ないから。」って歌い出しから、孤独感に苛まれてるのが丸わかり。うん、馬鹿っぽい。

 

それにしても、あの日、1人でスタジオに入った時のことが忘れられない。僕が前にギタリストとしてやっていたバンド、原ZINは、当事者である自分たちにとっても突然といえる解散の仕方だったので、既に決まっていたライブの予定もキャンセルしたり、弾き語りでの出演に切り替えたりとちょこちょこバタバタしてた。そんな感じだったからスタジオもすでに3週間先くらいまで抑えてて、キャンセル料を払うのももったいないから1人で入ったのだ。


今まで3人で入ってたスタジオに突然ひとりきりで2時間を過ごすというのは不思議。どこに立てばええかわからんから、しばらくソワソワしてウロウロ。とりあえずギターをアンプに繋いでマイクをセット。中島らもを歌ったり、毛皮のマリーズを歌ったりしたと思う。あと、ずっと作りためてた自分の歌を歌ってた。そん時に、次バンドするならボーカルやろうと思った。歌ってる時めちゃくちゃ背中に視線感じた。なんか、シャンプーしてる時に背中に視線感じる時みたいに怖かった。今も1人でスタジオ入ると感じる。

友達と銭湯行ってる時にシャンプーしてても特に視線なんて感じひんのに、1人で家の風呂やと感じる。銭湯の時って、本物の視線が刺さってるかもしれんのに感じひんの何故や。めっちゃどうでもいい。たぶんシャンプーとギターはおんなじ。知らんけど。

 

とにかくあの時、2時間の練習時間の内1時間40分は背中に感じる視線に怯えてた。怯えるのやめて曲でも作るかと15分で「僕のナンバー」を作った。残った5分で片付けをした。怯えてたら曲できた。特になんのハプニングがあったわけではないけどなんか覚えてる。というより、大体の曲は作った瞬間のことを覚えてないのにこの曲だけ妙に覚えてるのが不思議や。覚えてるから、思い入れがあるのか。

 

まあ、そんなこんなで作った「僕のナンバー」という曲。これはみんなに聞いてもらいたい。ということで、PVになろうとしている。youtubeで無料で楽しんでほしい。THE幸運児の愉快な雰囲気を知ってほしい。そんで更にCDを聴いてライブに来てもらえたら万々歳だ。明日は撮影日。ドキドキ。みんな、楽しみにしててね。

 f:id:doro-doro1985:20170110234136j:image

ガオー!

いい写真。

 

 

よろしくっす!

 

 

 

 

PS。気付いた人いるかもしれないけど、サエキはブログ内で文字を太くする技を覚えた。進化している。

 

 

PS-2。ていうか、今回のブログのタイトル「僕のナンバー」でええやん。

 

 

PS-3。1月の14日にライブがある。1年ぶりの奈良だ。しかもツーマンのロングステージときたもんで、気合が入っている。場所は新大宮オーシャンブールバード。ぜひ来て欲しい。1月の22日は神戸スタークラブ。1月の24日は大阪の三国ヶ丘ファズ。これも来て欲しい。非常に力が入ってますので。よろしくです。

 

ウォーー!

 

チケットの予約はdoro.doro1985@gmail.com

にメールで指名と日程と枚数を明記してくれたら完了です。

 

good night。