読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サエキアキラの歌の宿

THE幸運児、サエキアキラのブログ

コラーゲンは名前で得をしていないか


コラーゲンという物質が、美容にいいと言われている。これは美容系にしては珍しく、随分昔から言われてて、魚の目の周りのゼラチン質を食べたらコラーゲンが…とか、豚足にはコラーゲンが沢山…とかよく聞く。けど、最近は実はコラーゲンは食事で摂取しても効果がないみたいな、今までの常識を覆すような主張をよく目にするようになった。

僕はコラーゲンのことを全然知らないので、インターネットでちょびっと調べてみた。

どうやら、タンパク質の一種であるコラーゲンというものは、口から摂取すると、吸収する中でアミノ酸に分解されてしまうらしい。その後、体内で改めてタンパク質に再構築されるときには、元のタンパク質であるコラーゲンには戻らないとのこと。

うーむ、少し難しいけれど、そうなんかなって気にもなる。ただ、結局インターネットでこういう情報を調べてみたところで、自分が実験したわけじゃないので、あんまりなるほどとも思えない。こんな情報を知って、「コラーゲンはもう食べない!」「コラーゲンを摂ってる奴はダサい!」みたいに言う人がインターネットにはよくいるけど恥ずかしいねぇ〜。

僕は男。尚且つ、美容やファッションには非常に疎い方の人間なので、コラーゲンに対して全く興味はない。コラーゲンが美容に良かろうが、効果がなかろうが、正直どうでもいい。でも、なんでコラーゲンはこんなに僕を惹きつけるのか。どうでもいいのに、魚の目玉の周りのゼラチン質を食べてしまっている。どうでもいいのに豚骨を食べるときにコラーゲンを意識してしまっている。コラーゲンを摂って僕は一体何になろうとしてるのか。

考えてみたところ、どうやら僕はコラーゲンによって何かになろうとはしていない。

きっと、名前に惹かれている。コラーゲンという、不思議な響き。とても魅力的だ。

 

「コラー」がまず良い。怒っている。あんなにぷるぷるで透明なイメージがあるのに、名前の出だしが怒っている。これは、野球をしていたら近所のおじさんの家にボールが入ってしまって、「コラー!」とおじさんが飛び出してくるときの「コラー」ではない。仮にコラーゲンの見た目が煎餅だったらそうだったけど。

コラーゲンのイメージから浮かぶ「コラー」は広瀬すずが頬っぺたを膨らませて、「コラー」って言う感じ。これです。本気で怒ってるわけではないので、「コラー」と言った後にこの笑顔。

 

f:id:doro-doro1985:20170117190923j:image

きっと何かイタズラをしたのです。ほんのちょっとだけ子供っぽいイタズラをした年上の僕に、少しお姉さんぶって(かつ妹っぽさを残しながら)注意するときの広瀬すずがコラーゲンの「コラー」に潜んでいます。


では、「ゲン」の魅力はなにか。それはプンプンと漂う引き締まり感である。「ゲン」は「コラー」みたいに会話の中では登場しにくい言葉だ。街中で「ゲン」と言う人がいればそれは「はだしのゲン」信者か、きちがいでしょうな。では、プンプンと漂う引き締まり感を伝えたいので説明する。「ゲン」という言葉を漢字で変換してみる。

 すると…、「厳」「拳」「玄」「源」「嚴」なんて漢字が並ぶ。どうですか、この堅物感。簡単には娘をやらん親父の感じがプンプンと出ている。このゲンさんに「娘はやらん」と言われればビビって一度家に帰りそうだ。これが僕のいう、プンプンと漂う引き締まり感なのである。

 

そして、この「コラー」と「ゲン」のマッチングが抜群なのである。飴と鞭。広瀬すずと堅物親父の緩急。それを統合した「コラーゲン」。方程式などないが、方程式にぴしゃりと当てはまっているような感覚。ビクビクっとなる。

なるほど、僕を虜にしたものの正体は、「コラーゲン」という名前だったわけだ。コラーゲン自体は特になんの頑張りも見せてないのに、コラーゲンと名付けられたが故にこれだけの魅力を放っている。名前って凄く大事だ。

  

いつか、遠い先のことかも知れないけれど、僕に子供が出来たら、コラーゲンと名付けるか。いいえ、付けません。コラーゲンはコラーゲンだからコラーゲンであることに素晴らしさがあるのであって、人間はコラーゲンにはなれないのでコラーゲンとしてあるのは至難の技であり、前途多難なコラーゲン人生を子供に与えてしまうことになる。

 

僕はザ・ブルーハーツが好きだ。

ブルーハーツは僕の人生において、今までに見たことがないようなことをやっていた。けど、僕はそれを見て、ブルーハーツのコピーバンドをしようとは思わなかった。ブルーハーツを見て、ブルーハーツの真似をするのは、ブルーハーツがやっていたことから遠くかけ離れてる気がしたから。

 

コラーゲンも同じ。コラーゲンという名から受けた感銘を自分の中でしっかりと噛み砕いて、これからの人生をドシドシ歩みたいと思う。

f:id:doro-doro1985:20170117221133j:image

コラーゲン ぽちゃんっ。